Menu

ドレスの形 (3)

ムームードレス

ハワイの民族衣装“ムームー”のデザインをそのままドレスに仕上げたスタイル。ムームーは暑い国でもゆったり、涼しく、寛げるように作られたデザイン。ゆったりTシャツをそのまま布地を長くしたスタイル。ドレスはTシャツのような布地を用いて作られることはありませんが、ふんわりゆったり着られる、布地をたっぷり使ったドレスです。長時間着用していても疲れず、体がドレスの中で自由に泳ぐことができます。

エプロンドレス

エプロンをつけているような見た目のドレス。カフェのギャルソンが着用しているロング丈エプロンをルーズに象ったドレスから、メイドファッションを連想させるようなミニ丈で、フリルのたっぷりついたエプロンを付けたようなデザインまで様々です。不思議な国のアリスが着用するドレスのスタイルはまさにそれです。ひじょうに個性的なラインに仕上がるため、万人に人気のあるデザインではありませんが根強い人気も否めません。

スリップドレス

ウエストに切り替えしがなく、インナー(下着)のように、細い肩紐で吊るす、ひじょうにシンプルなスタイルのドレスです。飾り気はありませんが、自然な女性の美しさ(セクシーさ)を多大に演出してくれるドレススタイルです。露出度が非常に高いのも特徴の一つの為やはり万人に受けるスタイルではありませんが、着心地は絶大です。サラサラした素材で作られていることが殆どです。

ドッキングドレス

ドレスの殆どがワンピーススタイルなのですが、ドッキングドレスはトップスとボトムが別々のように見えるドレスです。「別々のように見える」というのがまさにこのドレスの特徴で、別々なのではなく、実際はワンピース。二つの異なるデザインが全体の一つの印象をまとめています。(ツーピース風)

着物(民族衣装)スタイルドレス

日本の着物、中国のチャイナドレス、ベトナムのアオサイ、モンゴルのデール、インドのサリーなど。最近ではファッションのトレンドとしてこれらの民族衣装の形をドレスのスタイルとして取り入れる傾向があります。各国のデザインは少しずつ異なりますが、一致するのは体を覆う(見せない)というところ。体全体をラッピングし、デコルテ部分だけ見せたり、スカートに大きなスリットを出して、少し脚を見せたり。隠しつつもあるポイントは肌を出す。。。というスタイルも人気が高まりつつあります。一般的なシェイプのドレスに飽きたらこのような新しい雰囲気を楽しむのもオシャレの一つですね。