Menu

30代の結婚式ドレスの色

0 Comment

 先程結婚式では白系統のドレスは絶対に来ていってはいけないということを話しました。しかし、白でなければよいというものでもないでしょう。30代では落ち着いた色のドレスはまだ早いです。ロングドレスとともにもっと歳を重ねてからの楽しみにとっておきましょう。落ち着いた色合いでシックに決めるというのはなかなか大人の女性っぽさが出るでしょう。しかし、結婚式というのは大変華やかな場所です。そういった場所でシックさはあまり歓迎されないでしょう。もっとも、ご親族の場合ではよりフォーマルさが求められますから、シックな色合いでも良いかもしれません。その場合には同席するご親族に一度確認してみると良いのではないでしょうか。

 さて、実際にはどのような色が良いのでしょうか。王道とされているのはオレンジ系統のドレスです。オレンジは全体的に明るいため華やかな結婚式の場に大変ふさわしいでしょう。特にピンクがかったオレンジは女性らしさを醸し出す、来ているだけで高感度アップの期待できるドレスの色です。次に良いとされているのは「深みのあるレッド」です。明るい色はちょっと…という方にぴったりなのではないでしょうか。

 色選びで避けたほうが良いのは強い「ピンク」の色です。ピンクという糸はどうしても「若い色」という印象を与えてしまいます。30代の女性に若いピンクという色はあまり合わなかと思います。自分自身でぴったりだと思っていても周囲からは若作りしていると思われてしまうかもしれません。可愛らしい女性よりも美しい大人っぽさのある女性の方が30代に求められる美しさでしょう。あまりにも若い印象を与えてしまいかねないピンク色は避けたほうが無難です。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です